中古マンションを購入する|快適マイホームゲット計画

不動産

管理を委託する

マンション管理会社とのお付き合い

マンション

分譲マンションなどはマンションの管理をマンション管理会社などに委託して管理してもらわなければトラブルになってしまう可能性があります。例えばマンションに常駐している管理員さんも、多くの場合、そのマンション管理会社から派遣されたスタッフということになります。したがって、分譲マンションの住民にとって、マンション管理会社というのは、あまり目立たず地味な存在ではありますが、生活に密着したパートナーであり、上手にお付き合いをしていくことが豊かな生活を実現する一つのポイントとも言えます。マンション管理会社は、不動産屋さんとは異なり、売買契約をして、その場だけの関係という訳にはいきません。10年、20年と長いお付き合いをしていくことになりますので、そういう意味からもマンション管理会社とは程よい距離感を保つようにすると良いでしょう。

良い管理会社と悪い管理会社

しかし、一口にマンション管理会社と言っても、日本国内にはたくさんのマンション管理会社がありますので、どの会社が良い会社でどの会社が悪い会社なのか、簡単に判断できるものでもありません。また、例えば管理員さんが自分の言い分を聞いてくれないからと言って、それが悪い管理会社なのかというと必ずしもそうも言えない場合があります。それと言いますのも、マンション管理会社は、管理組合と管理委託契約という契約を結び、その契約の規定に基づいて仕事をしているからです。住民間のいざかいの調整などは、管理会社の業務の範囲外ですので、こういったことをお願いしていて、管理会社が仲裁してくれないなどと腹を立てるのは筋違いと言えます。良い管理会社とは、契約に定められたことを適切かつ着実の実行してくれる会社ということになりますので、まずは、契約の内容(管理委託契約書)をきちんと理解して物を申すことが大切と言えるでしょう。

Copyright©2015 中古マンションを購入する|快適マイホームゲット計画 All Rights Reserved.